医薬品、医療機器、バイオ、保健医療食品など[ヘルスケアー製品]業務支援ウエブサイト

著書紹介

  • HOME »
  • 著書紹介

良心はどこで生まれて、どのように育つのか

■□内容紹介□■

私たちの「理性」とか「良心」は、いったいどこで生まれて、どのように育つのか。また、それを妨げる「邪心」はどこに潜んでいて、それにどう対処すべきなのか。これらのことについて、著者の病理学的観点から一般読者向けに噛み砕いて解説し、複雑化する社会に対する適応力を高めて頂くことが本書の目的です。
特に読んで頂きたいのは次のような方々です;
教育・マネージメント・厚生行政などに携わる方々、ストレスの多い職場で働いている方々、初めて社会に出た人、人間関係に疲れた人、自分を見失った人、意欲を失った人、自分の邪心で困っている人 

■□本の内容□■

 1 はじめに
 2 何故このテーマを取りあげたのか
 3 人の病理、社会の病理
 4「理性」や「良心」の場
   4-1 その解剖学的な場所と姿
   4-2 その場所の基本機能(専業か兼業か)
   4-3 「理性」とか「良心」と決めつける理由
 5 それが育ち、機能するまでの経緯
   5-1 生物の歴史と人の一生の観点から
   5-2 その病理学的観点から
 6 健全な「良心」を育てる土壌作り
 7 おわりに
 8 あとがき
 9 文献 

書籍ジャンル: ビジネス経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        人文・思想 > 哲学・思想

電子書籍(Kindle版) ASIN: B07DC1NTLP

 

人生・迷った時の道しるべ

自分の本当の道を進むために

■□内容紹介□■

この本は、著者の人生経験をもとに、各年齢層毎にあてた渾身の人生読本です。
現実社会の厳しさの中で、ストレスに押し潰されないようにするための実学の書としてご活用ください。
また、教育やネージメントに携わる人達のために、その根拠について医学的観点から解説を加えておきましたので、参考にしてください。
「何のために生きているのか」と迷うたびに、この本を読んで「やる気」に火をつけ、ぜひ自分が望む道を目指してください。 

■□本の内容□■

 はじめに 

 第一章 これからの人生が抱える問題 
  1-1.その問題の本質 
  1-2.個と和のジレンマ 
  1-3.考えることはどこで、どのように行われているのか。 
   1-3-2.ホメオスターシスの役割 
   1-3-3.考えているのは脳だけなのか 

 第二章 人生の道のりと課題 
  2.人生初期 ─どの道に進むべきか─ 
   2-1-2.自分はどの進み方が合っているのか 
   2-1-3.消極的タイプの人達にすすめる仕事と職種 
   2-1-4.自主独立のすすめ 
  3.人生中期 – 迷い、嫌なこと、嫌な人と共に進む時期 
   3-1-2.俯瞰力で迷いから離脱 
   3-1-3.自分が本物になってきたと思えるようになってからの心掛け 
   3-1-4.燃え尽き症候群  
   3-1-5.休息の必要性と取り方 
   3-1-6.「家庭サービス」という言葉の背景 
  4.晩年 – 傷み、不安感、孤独感との戦い、別れ 
   4-1. 成功する人の条件 
   4-2. 生涯、忘れないでおいてもらいたいこと  
    4-2-1. 欲望の階層 
    4-2-2.心中悪魔の存在 
    4-2-3.老化は人の価値を上げるのか、下げるのか 

 第三章 先人が残したみちしるべ 

 あとがき 未来に架ける橋 

 参考資料

書籍ジャンル: ビジネス経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        人文・思想 > 哲学・思想

電子書籍(Kindle版) ASIN: B06XP1PVDL

ペーパーバック版 ISBN: 978-4-9908336-9-5

 

宵待草

昭和の戦争・兄弟参戦実録(漫画スケッチ入り)

■□内容紹介□■

兄はノモンハン事件(日ソ国境紛争)と大東亜戦争(太平洋戦争)に、弟はその後者に参戦し、あげくの果てはソ連本土捕虜収容所へと、まさにその実体験から残したふたりの私文書を本書で一挙公開。

職業軍人でもない学校出立ての専門職が、臨戦態勢の軍隊の中でいったいどのような心理や態度で任務に対応したのか。今の世の人達がそれぞれの立場で、その時代の背景とも照らし合わせながら、何かをくみ取り、自分達のために考えてもらいたいということが、本書を編集、出版した最大の目的です。

そして、これを機会に自らの生き方や人の育て方をあらためて見つめ直す切っ掛けにもしてもらいたいという願いもあります。

その上で、皆さんが、本書を通して私が伝えたい次のようなことまで思いが至っていただけるならば、なによりの幸いです。

『組織は人なのです。国も人です。事の勝敗は人で決まるのです。
戦略の失敗は戦術では補えないのです。』

書籍ジャンル: ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        社会・政治 > 軍事

電子書籍(Kindle版) ASIN: B01J7NFOCY

ペーパーバック版 ISBN: 978-4-9908336-7-1

 

育てて育てられる

自然から人生を学ぶ

■□内容紹介□■

育てるためには生きなければならない、生きるためには育てないとならない。

その双方のあり方について、著者ならではの観点から人生の生き方についての心得を語っています。

自らのモットーでもある「理論より実践」ということを自然の中から自然体で語った内容ですのですので、一般の人でも分かりやすく、色々と参考になると思います。

本書のカテゴリーをあえて表現すると「自叙伝風自然科学的人生読本」と言える幅が広い内容であり、中でも趣味であるバラを育てることを通して自然からのメッセージを語る前半の記述は圧巻です。


■□本の内容□■

植物、動物、人間の三者間の生物としての相違点と類似点、そしてそれらの現在と野生の違いを生物種と時間軸双方の観点から見比べる中で、人生における「生きる、育てる」ということについて自然が教えてくれていることを、著者が代弁して読者の皆さんに伝えるかたちで話が進みます。

『私達の身体は、生物そして人類の長い進化の歴史が積み重なってできた成果物であり、それを認識してうまく使わないともったいない。

そして、この成果物は自分だけのものではなく、その上にさらに色々な経験を積み重ねて、次ぎの世代に渡すという生物としての責任と義務が付いている。

そのことが今後の世界を担う人達を育てるということに繋がる』ということが主旨ですが、その上で、人の甘えの構造や精神的な弱さを、ただ単純に癒しと称して動植物で補うことの問題点を指摘し、その真にあるべき姿を示唆しています。

まとめとして、今現実に社会に起きている問題の裏にある人間の精神(脳神経)と社会の適応性についても論及し、その対策として考えるべき方向を照らした内容となっています。

書籍ジャンル: ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        趣味・実用 > 自己啓発

電子書籍(Kindle版) ASIN: B01CD475T4

ペーパーバック版 ISBN: 978-4-9908336-5-7

 

成功する人の条件

cover-成功一流のマネージメントを目指す人へ、
そして仕事で悩むあなたへも

■□内容紹介□■

人に協力してもらうためには、相手に自分のことを分かってもらう必要があるということは皆さんもお分かりだと思いますが、それがなかなかうまくいかず、結局期待したような協力を得られないことが多いのではないでしょうか。それはどうしてだと思いますか?

自分のことを分かってもらうためには、まずは相手のことを分かってあげることが大事なのですが、それが手前勝手な思い込みで対応したり、自分都合が先行したりするからだということを真に理解しているでしょうか?

自然に生きるものは、非常にデリケートな仕組みで生存を維持しています。人間もしかりで、どのような人も個性があり、繊細であることを知らなくてはなりません。そのような中でコミュニケーションを取り、協力してもらうためには、それなりの配慮が必要なのです。しかし、そのための気配りを間違って、予想外の結果を招いてしまっていることが多いのではないでしょうか。

本書は、著者のこれまでのさまざまな経験から、私たちを構成している身体の生理機能、すなわち人間の生物学的要素と特性をもとに、まずは自分自身のマネージメントをしっかり行うことを基本として対処することが、相手の理解を得られる近道であるということを、理由をもって説明しています。
そして、それが貴方の人格を高め、周囲から信頼を得る手段であり、成功する人の条件でもあるのだと。

そうすれば、口にできない青梅であっても、発酵に伴い香しく深い味わいが出てくるように、周囲は貴方に関心を示し、熟成するにつれて相手からの協力をしっかり得られるようになることを示唆しています。


■□本の内容□■

どういう人生を幸せと言うのでしょうか。

人生のまとめの時期に入った著者が、これまで学問の世界や実業界などで滑ったり転んだりしながら得た体験や、先達から学んだことで、自らの金言として細胞に残った事柄を書き溜めた随筆集「塩胡椒」から、この課題について皆さんの将来にも決して無駄にはならないであろう内容二十話を抜粋編集したものが本書です。

国際化、過疎化、格差が進む経済環境の中で、私たちの仕事の場も「個と集団」、「自由と規律」、「調和と異文化」というような、異質が共存するための必要条件でありながらも日本人としては苦手な課題に否応なしに曝されてきています。

本書は、これらを乗り越えなければならない、特に次代を背負う人たちに対して、仕事の先輩として伝える、まさにマネージメントの基本を謳ったものです。
よって日々の仕事や生活の中で読み返し、自らの言葉となるよう咀嚼吸収し、自分の細胞の中に定着、進化させることで、しっかりとした成果につなげてもらいたく思います。

また 皆さんが、貴重な晩節を汚すことなく、生きていて良かったと思うための秘訣である「基本に忠実に生き続ける」ことの一助にもなるものですから、日常生活の中でもぜひ参考にしてください。

書籍ジャンル: ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        人文・思想 > 哲学・思想

電子書籍(Kindle版) ASIN: B00OWO9IXA

ペーパーバック版 ISBN: 978-4-990833619

 

Biological Management

cover-バイオ自然の仕組みから学ぶ
マネージメントの原理

■□内容紹介□■

本書は、既刊第Ⅰ部「成功する人の条件」の続編です。

私達の体内には、生物史の中で人間がここまで至った記録がしっかり残されています。
そこには、比較解剖学、比較発生学、比較生物学などの視点に立つと長い進化の物語を読み取ることができます。
さらにミクロ的な視点の先には、細胞内の染色体やミトコンドリアという棚に遺伝子という秘伝書が収まっており、それらは埃を被ったまま保存されているのではなく、今でも刻々と編修が続けられているホットなものであるということが解ります。
この様に、生体の構造と機能の中には、生き残るために非常に貴重な生データが集積されているのであって、私達はこれを先に向かって有効利用しない手はありません。

この生体の構造と機能という医学生物学的な事象と、経営管理におけるマネージメントというものは異質のように思われるでしょうが、人間の生物学的要素と特性を知っているか否かでマネージメントのレベルに大きな差が出てくるものであって、その如何によっては携わる人達の活性度と成果に大きな影響を与えることになりますので、お互いに関係が深いものとして捉えるべきものなのです。

これら双方の道を実践者として歩んできた著者から、生体の生きるための仕組みである「ホメオスターシス(恒常性)」の説明を通して、個人と組織集団の課題解決とレベルアップに活用すべき着眼点を示したのが本書の内容です。

また、タイトルからビジネス専門書のようですが、マネージメントの基本となる「コミュニケーションの原理」について科学的な目線で説いてありますので、読者は一般教養書としても知識を高めることができるでしょう。


■□本の内容□■

一般のビジネス書とは違う道を通ってマネージメントとは何かという本筋に迫った内容です。
特にマネージメントの基盤となるコミュニケーションについて医学生物学の切り口から、問題を掘り下げ、その解決策のヒントも皆さんに提示しています。
とりわけ、仕事でのストレス障害の発生原理とその兆候、対処方法に言及し、それらによる業務品質や生産性に与える影響について科学的に掌握し、それをもって人を活かすマネージメントへと変革する必要性を強く説いており、昨今 産・官・NHKなどで取り上げはじめた『健康経営』という概念の基本ともなる注目すべき内容です。

内容構成は、次の通りです。

第1章:基礎編
 人間の生物学的な要素と特性
  第1節 生きるための仕組み; 生きているとはどういうことか。
  第2節 ホメオスターシスの構造と機能
   1)循環器系 2)神経系 3)内分泌系 4)免疫系 5)まとめ

第2章:応用編
 Biological Management
  1.マネージメントとは
  2.マネージメントの原理を自然の仕組みから学ぶ
  3.生存の仕組み面からの比較と応用

書籍ジャンル: ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ > 自己啓発
        医学・薬学 >医学一般

電子書籍(Kindle版) ASIN: B00WQ0RDXE

ペーパーバック版 ISBN: 978-4-990833633

 


著者: 高田紘一 (ペンネーム Northern Hermit 北の仙人)
発行: MTCJapan
販売: Amazon Service International Inc.

PAGETOP

Copyright © MTCJapan All Rights Reserved.